EPSの応用範囲

一般的な応用

*輸送中の振動や衝撃から商品を守ることに適用する---テレビ、パソコン、電子玩具、家庭や台所道具、ボトル、自動車付属品、魚箱、果物箱など

*保温性、保冷性に最適で、断熱材として使用される---食品、建材・住宅部材。

*成形しやすい、耐衝撃性がよいので、緩衝材として使用される ---ヘルメット・ライナー、チャイルドシート、サーフボード。

コンピューター・モニターとディスクドライブ

最適な衝撃吸収性と強度を持っているので、製品を衝撃からガードする。落下して衝突することにより損ないを下げることができる。大部分はIT機器に使用される。

家電製品

耐水性があり、衝撃吸収性にも優れているので、家電製品や精密機器などの梱包材・緩衝材として用いられる。また、保健、安全、人体にやさしい素材、防塵、化学物質を含まないという利点がある。

ヘルメット

耐衝撃性および耐震性を持っているので、へルメットが安全の効果を達する。

玩具(四輪駆動車とスビードボード)

EPSで作られた部品が軽量と弾性力がよいという利点、玩具が組み立てやすい。

建材

EPSは幅広い用途の範囲に適用する。道路の基礎や航路、鉄道システム系統、地下冷蔵庫、運動場、貯蔵タンク (地面に直接接することによって凍結することを防ぐ。または、地下に置いて、外気を遮断し、保護効果を達成する。それにEPSも建物の壁、屋根、床などの断熱材として使用される。軽量で取り扱いが容易だ。施工時の疲労も低減する。建築内外装用の装飾部材に用いられて、建物に美観を与える。

eapp1.jpg eapp2.jpg eapp3.jpg

EPS加工過程

  • 予備発泡
  • 熟成
  • 成型
  • 乾燥

予備発泡

  • 80°C以上のスチームを当てる。
  • 目標密度を制御するため、定量的に発泡したほうがいい。
  • 発泡方式は定量的あるいは連続的に分かれる。

熟成

  • うまく設計された篩トラフに置いて、
  • ビーズ内外に余った水を蒸発させる。
  • 通常の熟成時間は4~48時間で、温度を20~30°Cに保つ。
  • 発泡ビーズの内に空気を進入させます。

成型

  • 金型を閉鎖する。
  • ビーズを金型内に充填される。
  • スチームで加熱する。
  • 真空冷却、あるいは水で冷却する。
  • 金型を開放する。
  • 発泡成形を取り出す。

乾燥

  • うまく設計された乾燥室
  • 梱包材を50~60°Cに置く、板材を80°C以上に置く。
  • 製品の湿気を取り除く。
  • 変形されたあるいは縮小された商品を原状に戻す。

EPSの応用範囲